不要なオフィス家具は買取依頼してみよう

事務所の移転、片付けや閉鎖などで不要になるオフィス家具があり、目立った傷や破損がなければ業者に依頼して買取してもらうと得をする場合があります。事務所用の応接具やキャビネットなどは、新しい事務所に移転したときに貸し室のレイアウトと合わないことがあり、いらなくなることがあります。また、片付けをした時にいらないオフィス家具を倉庫等に保管する訳にはいきませんし、閉鎖ともなれば処分に困ることもあるでしょう。まだ十分使えてもったいないと考えるのであれば、買取を頼んだ方が資源の無駄にもなりません。

オフィス家具を買取してもらうには、リサイクルショップを併設したり、提携したりしている業者に依頼するのがおすすめです。中古品の売買には、都道府県の古物商の認可が必要で、店舗のサイトや広告などに許可番号を載せているのであれば安心して任せられるでしょう。オフィス家具は大きく重量のある物が多く、直接店舗に運んで持ち込むのは大変です。出張での見積や査定、運搬ができる業者に依頼すれば、業者側で全てできますので、依頼者側が手伝うことはほぼありません。

多くの場合は、査定額を提示されて納得ができれば、現金での買取にも対応出来るでしょう。急いでいる場合も早く済ませられます。古くなったオフィス家具の買取は断られてしまうのではと考える方もいるでしょうが、仕事を始めたばかりの方は、中古で割安な価格で購入できるオフィス用品を探していることもあります。しっかりと手入れをし、綺麗に掃除をして大切に使っていれば、査定額が高めになることも想定されます。

まず、業者に電話やメールで問い合わせてみることを勧めます。オフィス家具の買取のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です